ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#109
新マリッジリングHP④


約2年前に公開した新マリッジリングHPを甲丸、捻(ひね)り、ミル打ち、槌目(つちめ)模様の4型の結婚指輪しか扱わないサイトへ大幅にリニューアルしたので、その流れを書いていきます。

前回の新マリッジリングHP①~③はこちら
 

 

新マリッジリングHPについて


最初は#040 新ホームページの企画という内容でスタートしました。

この時に新しくHPを作った理由は、オーダーメイドサイトはどんなご依頼にも対応できるようにサンプルと料金プランを作った結果、ページ全体の情報量が多くなって直観でパッと結婚指輪を選びたい人向けではなくなった為です。
 

 



そこで直観で選べる幅2.5㎜で石留め、テクスチャー、カーブなどが入った手作りで作れるアレンジ済みのサンプルの指輪を30型作り、今あるオーダーメイドと対称的なレディメイド(既製品)のサイトとして公開しました。
 

 

簡単にまとめるとこのブログを書いているオーダーメイドサイトはこだわり派の人向け、
 

 

レディメイドサイトはシンプル派の人向けということにして2つが対称的になるように作っています。

サンプルは2.5㎜幅の手作りに限定することで将来的にセルフメイド(お客様が自分で作る手作り指輪の事)を始めたくなった時にレディーメイドサイトをそのまま活用することができるように作りました。
 

 

新マリッジリングHPの修正


新サイトを公開してから2年経ち、HPは更に充実して、「結婚指輪のデザインの決め方ページの公開(ブログ#105)」、「接客方法の見直し(ブログ#106)」を行ったことで、オーダーメイドについては一段落したと感じました。

たくさんの個性的な指輪を用意していることもあってか、シンプルな指輪に関してはまず受注にならないのでそろそろセルフメイドをはじめようと思い、この新サイトを「手作り指輪」専門のサイトにする準備に取り掛かかりました。
 

 

ある程度「手作り指輪」のプランを整えて、後は机や道具を仕入れる段階で色々と考える事があって、先ほど書いた4型の結婚指輪しか扱わないサイトへリニューアルしました。

簡単に説明すると手作り指輪は手間なども考えて、金額や特典はオーダーと同じ料金体系で作り方は鍛造技法のみにしました。

そうすると幅2.5㎜の9万円で公開していたサイトの修正も必要になります。

手作りをはじめようと思ったのはシンプルな幅の細い甲丸や槌目などが「お客様自身で作る体験」といった付加価値がないとオーダーメイドでは受注にならないからです。

ただ、オーダーも手作りもデザインの選択肢や特典が多く、逆にシンプルに絞って価格がリーズナブルな方がシンプルな幅の細い甲丸や槌目リングとしては需要があるかもしれない、それからオーダーメイド専門店で複雑な形を作れる上でシンプルな物をセレクトしたという事にお客様は価値を置くのではないかと思いました。

そこで新しいサイトを手作り指輪専用にするのではなく、こちらで選んだ数型に幅の細い甲丸や槌目リングを入れて悩まずに買うことができる、直観で選ぶことができる結婚指輪サイトに修正することにしました。
 

 

指輪のデザインを考える


今回の指輪のデザインは自分がジュエリー業界にいなかった場合、たくさんある中からシンプルな指輪ならどんなものを選ぶか、もしくは結婚指輪にそこまで興味のない知人、友人におすすめの指輪を聞かれた場合に何をすすめるかで考えました。

定番や普通で人気のデザインと考えると、まずは3㎜幅か2.5㎜幅の甲丸、それから槌目、アンティーク調なら両サイドミル打ちの甲丸、捻りならメビウスの輪に代表される180度捻りだと思います。
 

 

ギメルリングなどありますが、レディメイド(既製品)で原型がある商品に絞るとサイズ直しが簡単なことも条件になります。
 

 

他にも平打ちリングも定番ですが、甲丸と比較するとこちらのほうが、より一般的なので候補から外して絞りに絞ったのがイラストの4型です。
 

 

選んだ4本は偶然ですが、
①甲丸はスタンダード、
②180度捻りはツイスト、
③ミル打ちはヒストリカルのローレル&ミル、
④槌目は仕上げですが、ランダムな並びと大きさのパターンのファセットともとれるので基本デザインから1型づつということになったのでHP上でもこの説明をすることにしました。
 

 

既製品のサイトとしても4型は見たことがないほど少ないですが、オーダーメイドがその分、充実しているので選び抜いた4型という風に写るかもしれないと思いました。

この4型は男女兼用で幅は2.5㎜にします。
 

 

それ以外の選択肢は仕上げは鏡面とつや消し、
 

 

レディメイド結婚指輪について23-1
レディメイド結婚指輪について23-2

素材はオーダーと同じ6種類、
 

 

レディメイド結婚指輪について24-1
レディメイド結婚指輪について24-2
レディメイド結婚指輪について24-3
レディメイド結婚指輪について24-4

レーザー刻印はアイコン刻印はナシ以外はオーダーと同じということにします。

4型から選んでこの3つと指のサイズを決めるだけならそこまで悩むことはなく購入することができます。
 

 

試作リングを作る



デザインが決まったら、まずは真鍮棒で試作リングを作ります。

ミル打ちは以前にゴム型を取って真鍮で鋳造していた余りがあったのでこれを仕上げました。
 

 

捻りリングもこれまで通り板から作っています。
 

 


サイズは13号の艶消し仕上げでロジウムメッキをしたのがこちらです。

この後に原型制作などをしますが、まずは仮でこの4本の指輪を使って専用の注文書を完成させてしまいます。
 

 

専用の注文書を作る


HPのMENUバーはTOP、ABOUT、MARRIAGE RING、BLOGの4つのみにしてお問い合わせはABOUTページ内にオーダーサイトへのリンクを張ってそこから連絡してもらうようにします。

今回のレディメイドリングは遠方にお住まいの方でも注文しやすいように指輪のデザインを4型に絞って宅配でサンプルを確認してから注文できるようにします。

指輪の幅は決まっているので専用のシートに4つのデザインから1つを選んで、薬指のサイズ、仕上げ、素材、刻印を書くだけなので店頭で指輪を選んで購入するのほぼ変わらない、オーダーメイドに比べて選択肢が少ないので悩まずに直観的に選ぶことができるようにします。
 

 

こちらはオーダーメイドで使っている注文書です。

これを修正してこの用紙1枚に記入で注文が完結するようにします。
 

 


こちらが完成形と記入例です。

オーダーメイドでは特典としてついてくるアイコン刻印を無くすことで余裕ができたので、指輪の写真も大きく入れることができました。
 

 


これに合わせて宅配サンプルの一覧写真も用意しました。
 

 

金額は指輪1本あたり¥90,000 + TAXです。特典はリングケース2個とミニトートバックが付いてきます。

原型がある事でオーダーメイドに比べて制作に時間がかからず、新品仕上げやサイズ直しといったアフターフォローをなくしたことで、どのデザインを選んでもペアで20万円以下(税込)で購入ができるようになっています。
 

 

ご来店の場合は打合せをしてからオーダーメイド、レディメイドのどちらにするか決めることが出来ます。

レディメイドの良い点は原型がある事で価格が安く、納期が短くなるだけではありません。

ご納品する指輪は店頭で確認したサンプルと同じ形で出来上がってくるので、オーダーのようにデザイン画、原型確認での打ち合わせも不要になります。
 

 

4つの指輪の原型を作る


金額、納期などプランも決まり、まずは4つの試作の銀色リングで撮影をしてホームページもこの指輪を使って新規受付は先(現在は未完の状態)ということにして一度完成させてみました。

結婚指輪はやはり銀色一つではイメージがわかないので、
・金色とのペアの写真も欲しい
・ミル打ちと捻りは手作りよりもCADが良い
・アレンジ例として金色で石留めしたサンプルを
持っておきたい
ということで最初のご注文が入る前に原型を作っておきます。

このレディメイドリングは原型とゴム型を持って注文が入ってからワックスパターンを指定のサイズ、素材で鋳造します。
 

 


今回作るレディメイドリングは男女兼用の4型しかないので、宅配ではメンズサイズの4型すべてを確認してから注文できるサンプルセットも作ります。

原型サイズは25号で作ることにします。
この大きさならほとんどのご注文ではWAXパターンでのサイズ縮めになるので直しは一か所で済みます。
 

 


ミル打ちに関してはやはり手で作るよりもCADのほうが粒の大きさを調整できて形も均一です。

捻りリングも同じで正面から見た時の左右対称さ、捻り幅の微調整ができることに加えて地金では難しい上面から見た時の隙間を減らすの調整などもしたかったのでCADを使いました。
 

 

槌目もカット面1つ1つの大きさ、形を決めたデータを作りたかったのですが、思ったよりも苦戦した事と「職人が手作業で丁寧に模様を付けた」のほうが良いと思い真鍮板で作ることにしました。
 

 

甲丸はミル打ち、捻りの樹脂原型に甲丸アリ、ナシで見積もりを取ってみて金額面で安く済む地金で作ることにしました。

槌目と甲丸は真鍮板をロールで引いてキャスト後の完成時の幅は2.5㎜、厚み1.8㎜になるように少し大きめに作ります。
 

 


CADのミル打ち、捻りの指輪は上下に板、その先端に直径0.8㎜の棒を少し出しています。
 

 


樹脂造形後にこの先端の棒に槌目と甲丸の指輪を差し込んで接着剤で合わせて液ゴムとWAXパターンを依頼するので、地金指輪には1.0㎜のドリルで穴を開けておきます。
 

 

樹脂と地金を合わせた原型のイメージ画像はこんな感じです。
 

 

原型が出来て液ゴム取り、WAXパターンが上がってきたら
 

 


WAXパターンのサイズ直しをして真鍮で鋳造に出します。
 

 

こちらが鋳造から上がってきた真鍮リングです。
 

 


この真鍮リングを仕上げ、石留め、メッキまでします。
 

 

完成したのがこちらです。仕上げはすべてつや消しで4本1セットで考えて

銀色サイズ25号 宅配用×2
銀色サイズ16号
金色サイズ16号
金色サイズ16号 石留めアリ

の全20本を作りました。
 

 

メインの写真はこれまで通り、メンズは銀色、レディースは金色でペア画像を作ります。
 

 

オプションになる石留めはイメージが膨らみやすいように指輪のデザインに合わせて7、5、3、1石と数を変えて留めてみました。
 

 

宅配用のサンプルは男性でも指に着けられる25号サイズ、何度も貸し出しをすることを想定して小傷が目立たない艶消しにしています。
 

 

指輪ができたのでHPを完成させます。
 

 

HPの修正



HPのMENUバーはTOP、ABOUT、MARRIAGE RING、BLOGの4つに絞りました。

CONTACTはオーダーサイトに来てもらい、ADDRESSはオーダーサイトかABOUTのプルダウンに書いてあります。

BLOGは特に変わっていないので、ここからは修正したTOP、ABOUT、MARRIAGE RINGの3つについて書いていきます。
 

 

TOP


トップページはロゴの色に合わせて4本の金色リングを横一列に並べました。

その下に
「ジュエルクラフト東京は

J E W E L ( 宝石 )
C R A F T (手作り)
T O K Y O ( 東京 )

という名前の通り、
『職人がいる東京の宝飾店』がコンセプトの
オーダーメイドリング専門店です。

このサイトではオーダーメイド専門の当店が
時代に左右されないクラシックな結婚指輪と考える
4型のみを扱っています。」

という文章があるだけのシンプルなページにしました。
オーダーメイドサイトとは真逆の短さです。

 

 

ABOUT


ABOUTはそのお店やサイトについての説明ページです。

オーダーメイドサイトのTOPページのような説明はこのABOUTページで行います。

レディメイドという言葉自体がオーダーメイドに比べるとイメージしにくいので4型の指輪の画像を載せて

「オーダーメイドはたった一人のお客様に合わせて
注文が入ってから作るのに対して、
レディメイド(既製品)はお店のオリジナルや
大多数の方向けの用意された完成品です。

このサイトではオーダーメイド専門の当店が
時代に左右されないクラシックな結婚指輪と考える
甲丸、捻(ひね)り、ミル打ち、槌目(つちめ)模様の
レディメイド4型のみを扱っています。

オーダーメイドと違い、原型がある事で、
納期は短く、金額もリーズナブルで、
デザインも悩まずに決めることが出来ます。

この4型についての話の前に、
まずは結婚指輪の選び方、当店の特徴について
ご説明させていただきます。」

という序文から

1、結婚指輪の選び方
2、オーダー専門の当店についての説明
3、当店の3つの特徴
4、オーダーメイドマリッジリングについて
(どんな指輪が作れるのか等)
5、レディメイドマリッジリングについて
(どうしてこのサイトを作ったか等)
6、4つのデザインについて
7、注文方法や素材などの選択肢について
8、金額、特典について
9、ご来店でのご納品までの流れ
10、宅配でのご納品までの流れ
11、お問い合わせ
(文末にオーダーサイトへのリンク)

という順番で最後にお問い合わせいただくという流れになっています。
 

 

ABOUTは文章が長いのでこんな風に画像を入れて下書きもしています。
 

 

1、結婚指輪の選び方、
 

 

2、オーダー専門の当店についての説明、
 

 

3、当店の3つの特徴
オーダーサイトに書いてある内容とほぼ同じです。
 

 

このページで特に重要なのが、
4、オーダーメイドマリッジリングについて
(どんな指輪が作れるのか等)
 

 

5、レディメイドマリッジリングについて
(どうしてこのサイトを作ったか等)
の2つです。
 

 

4で簡潔にオーダーメイドだとどれだけの事ができるのか説明をします。

特にホームページ内では詳しい説明と料金表、指輪のアレンジ例、デザインの決め方などの情報を公開して「お客様自身でデザインを考えることができる仕組み」が当店のオーダーの一番の特徴なので簡単なデザインから複雑なデザインへの変化の流れを具体例にして書いていきます。

そうすることで5のレディメイドマリッジリングはオーダーメイドで複雑な指輪も作れる中で厳選したシンプルな4型だという説得力が増します。
 

 

お客様にシンプルな結婚指輪を選んでもらうなら

・好きなブランドやお店であること
・価格が安い
・手作り(自分で作るという体験)
・1点物

など、何らかの付加価値が必要だと思います。

このレディメイドリングは「オーダーメイド専門店が厳選した4型」という付加価値を付けることができないかと思い作りました。
 

 

6、4つのデザインについて

4つのデザインの簡単な説明を書いてそれぞれの結婚指輪ページへのリンクを張りました。
 

 

7、注文方法や素材などの選択肢について

メイン画像は専用の注文書にして

「指輪の幅は決まっているので専用のシートに
4つのデザインから1つを選んで、
薬指のサイズ、仕上げ、素材、刻印を書くだけなので
店頭で指輪を選んで購入するのほぼ変わりません。

オーダーメイドに比べて選択肢が少ないので
悩まずに直観的に選ぶことができます。」

と書いて選ぶことが簡単という内容にしました。

その後にそれぞれの選択肢について簡単にまとめてあります。
 

 

8、金額、特典について

「金額は指輪1本あたり¥90,000 + TAXです。

原型がある事でオーダーメイドに比べて制作に時間がかからず、
新品仕上げやサイズ直しといったアフターフォローをなくしたことで、
どのデザインを選んでもペアで20万円以下(税込)で購入が
できるようになっています。
特典はリングケース2個とミニトートバックが付いてきます。」

と、こちらもとにかく簡潔で分かりやすくまとめました。
 

 


9、ご来店でのご納品までの流れ
10、宅配でのご納品までの流れ

ご来店の場合の流れはオーダーのようにデザイン画、原型確認での打ち合わせも不要な事以外はそこまで変わりません。

宅配の場合が大分違うので、プルダウンで
1、サンプルセットの依頼
2、サンプルセットの到着
3、サンプルセットの返送
4、注文内容の確認、納期の連絡
5、ご納品
の5STEPにまとめました。

サンプルセットで4型すべてを確認してから注文するかどうかを決めることができるので、遠方からのご依頼でも対応することができます。
 

 

宅配セットはご希望の住所に写真の

・4種類のサンプルリング
・リングゲージ 1~30号
・刻印見本ファイル
・レディメイド専用オーダーシート
・記入用のペン
・返送用レターパック

など、ご注文に必要な一式をお送りします。
 

 

11、お問い合わせ

最後にオーダーサイトへのリンクか、ページの先頭に戻るボタンで終わりです。

このページだけでレディメイドリングの魅力からお客様の疑問と回答、注文するまでをまとめてあります。
 

 

MARRIAGE RING


TOP,ABOUTと続いて最後は結婚指輪ページです。

メインは写真のようの4型の指輪の金色一本で指輪の形の違いを分かりやすくしています。

英語では沢山ある中の一つで特定できないもの、例えばリンゴやオレンジなどは不定冠詞の「a」を付け、太陽や地球のように世界に一つしかないものには定冠詞「the」を付けます。

オーダー専門で多くの指輪を作ってきた当店が考える定番、最もクラシックな形という意味を込めて指輪の名前の前には「the」を付けました。
 

 

クリックするとメインの画像は銀色のメンズと金色のレディースのペア画像、その下に合計金額を載せました。
 

 


その下にはこの指輪の説明、アレンジ例、基本デザインのどのカテゴリから選んだか、そのカテゴリではどんなアレンジができるのかを書いてレディメイドの指輪は選び抜いたデザインであることを書いています。

他の3型も内容の構造はほぼ同じです。
 

 


以前に公開していた30型は非公開にしました。
 

 

オーダーサイトの変更


レディメイドサイトの修正が終わったらオーダーサイトにもその説明とリンクを張ります。
 

 

今回はTOPページの
オーダー結婚指輪の説明のあとに

「指輪を選ぶ方法は大きく3つあります。

1、レディメイド/既製品
→お店やブランドのオリジナル

2、セルフメイド/手作り
→お客様自身が制作

3、オーダーメイド/特注
→最初から職人が制作

オーダーメイド専門の当店でも、
結婚指輪のみレディメイドをご用意しています。」

という文言を入れて、
 

 


画像付きで、

「レディメイドマリッジリングでは
基本デザインの4種類からそれぞれ定番と呼べる
甲丸、捻り、ミル打ち、槌目の4型から
選ぶことができます。

原型があることで納期も短く、
金額はペアで20万円(税込)以下と
リーズナブルです。

オーダーメイドに比べて選択肢が少なく、
専用のシートに記入するだけでご注文できるので
店頭で指輪を購入するのと変わりません。

幅2.5㎜の男女兼用デザインで4型しかないので
宅配で全サンプルを確認してからご注文も可能です。

詳しくは下記のリンクからご覧下さい。」

でレディメイドサイトへのリンクボタンを設置しました。
 

 

まとめ


1、オーダーメイドではシンプルなデザインのご注文がない
2、手作り指輪の準備を始める
3、4型だけのシンプルな結婚指輪サイトを始める

という流れでサイトが完成しました。

これで新マリッジリングHPの修正は終わりです。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談