ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#103
植物&誕生花リング


結婚指輪ページに新たな植物モチーフリングとしてペイズリー、ブドウ、蔓(つる)、そして12か月分の誕生花を入れた指輪を追加しました。

花や草モチーフにした指輪表面への模様や内側の刻印は結婚指輪では定番です。

そこで今回はこれまでに作った植物モチーフの指輪と合わせて、新しく作った植物モチーフの指輪をHPで公開するまでを説明していきます。
 

 

これまでに作った植物リング

Laurel & mill

「ローレル」は月桂樹のことでギリシャ神話でも神聖視された植物です。古代ローマでは栄光や勝利の象徴としてこの月桂樹で編んだ冠を勝者に送る慣習があったと言われています。

「ミル」は正確にはミルグレイン、ラテン語で「千の粒」という意味で連なった小さい粒は永遠や長寿などを表します。

その結婚指輪では定番の2つを合わせた縁起の良いローレル アンド ミルは従来の手作業ではなく、CADで作ることで正確な左右対称性を出しています。

 

Laurel wreath

ローレル リースは結婚指輪では定番モチーフのローレル(月桂樹)を冠(リース)にした月桂冠(げっけいかん)の指輪です。ローレル自体は基本デザイン ヒストリカルのローレル&ミルと同じ柄を使っています。

側面に模様があるので模様を目出たせ過ぎないさりげなさがあります。

 

Arabesque

アラベスクは蔓(つた)植物モチーフの図案を繰り返した指輪です。

「アラベスク」という言葉は元はフランス語でアラビア風という意味で、イスラム美術における植物などの規則的な装飾模様を指します。

「透かし」の唐草模様のみでは服などに引っかかるので強度を補強する目的も兼ねて上下から淵(フチ)になる板を重ねました。

 

Hawaian engraving

ハワイアン エングレービングはハワイアン彫り、洋彫りとも呼ばれ、専門の職人が1本ずつ丁寧に模様を彫ります。

ハワイアン エングレービングの模様は写真のスクロール&リーフを含め、定番の4種類をご用意しています。

この彫りは外部の職人さんに依頼するので別料金がかかります。

 

Wheat

Wheat(ウィート)とは麦のことで西洋では聖書にも登場する特別な意味のある植物です。

結婚指輪に模様として彫ったり、内側に刻印として入ることも多いこの植物をオリジナルデザインで作りました。

 






以上がこれまでに用意していた植物モチーフの指輪です。

 

 

新たに作った植物リング

花模様リング29
グラニュレーション(粒金)リング12
制作方法はこれまでと同じで上半分だけ原型を作って、一つにまとめてWAXパターンでパーツの切り出し、リングにして鋳造に出してから仕上げています。

 

Grape

まずはブドウ柄です。

 

オーダー指輪 麦の穂2
オーダー指輪 麦の穂16
オーダー指輪 麦の穂19
オーダー指輪 麦の穂20

キリストは十字架に磔となる前夜に12人の弟子を集めた最後の晩餐では弟子たちに向かって食卓にあったパンを自身の肉体として、ワインを血として弟子たちに与えたことからイエスの死後、血と肉の代わりにパンを食べ、葡萄酒を飲むことで、信仰を固める行為である「ミサ祭儀」が行われるようになったそうです。このことからキリスト教ではパンの原料である麦だけでなく、ワインの原料であるブドウも特別な植物もなっているそうです。

ブドウもジュエリーや指輪の刻印に入ることが多いモチーフの一つなので結婚指輪の模様として作ることにしました。

 

オーダーメイドブドウ指輪5
オーダーメイドブドウ指輪1
こちらが制作風景です。

 


ブドウだけでなく、蔓と葉っぱも入れて立体感のあるアンティーク調の指輪にしました。

指輪の名前はグレープです。

 

Paisley

2つ目はペイズリーです。

勾玉(まがたま)形等が集まった「ペイズリー」模様は19世紀にスコットランドのペイズリー市でこの柄の織物が量産されるようになったことで一般に広まり、優美な曲線や模様の繰り返しにより人に安心感を与える効果があると言われています。

ペイズリー自体の起源は古く諸説ありますが、植物の種子、果実、胞子、花弁、菩提樹の葉、ゾウリムシやミドリムシなどの原生動物がモチーフとされ、発祥といわれるイランやインドでは尾を引いた形が胎児に似ているので生命力と結び付けられた意味のある模様として考えられたそうです。

結婚指輪の模様では見かけませんが、ペイズリー自体は有名な模様なので追加することにしました。

 

オーダーメイドペイズリー指輪3
このペイズリーの勾玉柄をシンプルな形状で数パターン作り、ランダムに配置して指輪にしました。

 


写真の指輪は幅3㎜で、ペイズリーが一周模様として入っています。

地金は単色なので形状の違う模様がランダムに並んでいてもさりげなく、そこまで目立ち過ぎません。3㎜よりも幅広での制作も可能です。

 

Vine

3つ目は蔓(つる)をモチーフにした指輪です。

 

同じ蔓(つる)の模様はすでに先ほど出てきたアラベスクの指輪があります。この指輪は「透かし模様」の見本でもあるので刻印や内石は入れることができません。

結婚指輪としては刻印や内石が入るデザインもあったほうが良いと思い、出来たのが写真の指輪「バイン」です。

 

花模様リング57
最初はアカンサスという葉をモチーフにした模様リングを考えていました。

 

花模様リング55
アカンサスは鋸歯状の葉でBC400年頃からギリシャで装飾模様として用いられた唐草モチーフの一つで家具や建築でよく見かけます。

 

花模様リング54
最近の指輪の作り方はこの用語辞典からどんな指輪、模様があるか調べて、
NET検索で画像検索、それを参考に結婚指輪としてお客様におすすめできるサンプルを作るという流れで完成させています。

 

花模様リング58
NETでアカンサス模様の画像を集めたら、平面で3㎜幅の指輪模様を作っていきます。

 

花模様リング59
花模様リング60
立体まで作ってはみたもののイマイチだと感じたのでアカンサス模様は止めて、クルクルした形が似ている先ほどの蔓(つる)模様の指輪に変更することにしました。

 

蔓模様リング17
蔓(つる)と葉っぱの組み合わせで数パターン作り、

 

蔓模様リング22
前回触れたポージーリングの模様も作っています。

 

蔓模様リング14
このポージーリングはメンズとレディースで蔓模様を変えようと思い、2本の蔓が絡み合うデザインも作りました。

 

蔓模様リング23
蔓模様リング25
これでポージー入りの蔓模様リング2本と一周に蔓模様が入ったリング2本が出来上がりました。

 




HPにアップするので改めて蔓(つる)とはどういう植物か、蔓(つる)と蔦(つた)の違いなども調べて、

 


指輪の名前は英訳のバインにしました。
 

Flower

花模様リング4
花模様リング18
花模様リング12

最後は花の模様です。

これは誕生花12か月分も入れているので制作に最も時間がかかりました。

 

花の模様としてはハワイアン エングレービング の彫り模様があります。

これは外部に依頼するので別料金、追加納期がかかる事と模様も4種類と少ないので膨らみタイプでより種類の多い花模様を作ることにしました。

 

花模様リング1
花模様リング14
花模様リング13
花模様リング10

画像のようにレディースは花弁の形と数が違う6種類の花が等間隔に並ぶデザインで、メンズはその花と葉、枝がランダムに敷き詰められた模様リングを作りました。

当初は誕生石のように誕生花というものがあるので12か月分の花が指輪を一周覆うデザインで考えていました。ただ、この誕生花は花の種類はたくさんあるので1~12月ごとにひとつと決まっていません。

 

花模様リング5
花模様リング32
花模様リング33
花模様リング22

そこで特定の花の種類は決めずに花弁の形と数を変えて花ということが分かる模様で指輪を作りました。

 

花模様リング23
花模様リング24
花模様リング25
こちらが制作途中の画像です。

 

花模様リング6
花模様リング14
花模様リング13
花模様リング10

6種類の花が等間隔に並ぶ指輪は女性向けと感じたので、葉や枝を足して、花も小さくして男性が着けていても違和感のない花輪(リース)をイメージしたデザインにしました。

 

レーザーイラスト2-1
レーザーイラスト2-2
レーザーイラスト2-5
レーザーイラスト2-4

この指輪の制作中に花の刻印サンプルも作っていて、将来的に12か月分の誕生花データは作る予定だった事と特定の花で作る場合にお客様には実際のものを見てイメージを掴んでもらいたいと思ったので指輪を追加で作ることにしました。

 

花模様リング50
まずは厳密に決まっていない誕生花を花屋さんのサイトなどを見て一覧表にします。タトゥー関係のHPにも誕生花一覧があったので参考にしています。

 

花模様リング17

 誕生花 日本語 英語
1月 カーネーション Carnation
2月 チューリップ Tulips
3月 フリージア Freesia
4月 マーガレット Margaret
5月 (ピンク)バラ Rose
6月 アジサイ Hydrangea
7月 ユリ Lily
8月 ヒマワリ Sunflower
9月 リンドウ Gentian
10月 ダリア Dahlia
11月 デイジー Daisy
12月 ポインセチア Poinsettia

 
桜、梅、椿などの和風イメージの花ではなく、出来れば洋風のイメージで、誕生花を12か月分選んだイラストがこちらです。

 

花模様リング52
それぞれ「花の名前 イラスト」で検索、

 

花模様リング53
画像表示でスクリーンショット、

 

花模様リング51
これを12か月分用意して、

 

花模様リング18
一つの花につき、参考にする画像はスクリーンショット画像1枚でたくさんある画像からその花の特徴を選んでスケッチして完成したのが先ほどの誕生花の画像です。

 


12か月分を選ぶのが難しかったので、花に詳しい知人に聞いたりもしました。画像は今回の原型制作には間に合わなかったのですが、メールで送ってもらった誕生花候補です。

 

花模様リング26
これに最初に作った花の模様のリングのように葉や枝を足していきます。

 

花模様リング30
画像はリング状にする前の平面図です。

 


原型は画像のように半分ずつで出して合体させます。

 

花模様リング7
花模様リング16
花模様リング8

1~12月まで順番に並べた誕生花の指輪はどの角度から見ても違った模様が入ります。

 

花模様リング4
指輪ができたらマリッジページにUPします。

 


名前はそのまま「フラワー」で、

 


このページにはこれまで作った植物モチーフリングの一覧と簡単な説明も加えておきました。

 

花模様リング49
植物モチーフリングの一覧も兼ねたこのページはTOPのフォトギャラリーにもリンクを貼りました。

 

まとめ


これまで作った植物モチーフリングの説明もあって長くなりましたが、植物&誕生花リングについては以上です。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談