ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#017
ノベルティトートバック


現在、結婚指輪と婚約指輪と一緒にその過程でできたゴム型や樹脂原型などは画像のようにディスプレイして無地のショッパーやキャンバストートに入れてお渡ししています。

これが少し寂しい気がしたのでお店のロゴ入りトートをノベルティとして作ってそれにディスプレイを入れてお渡しすることにしました。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック18
オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック17
オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック16
画像が完成したノベルティです。

このブログではノベルティの完成までの流れを説明します。

 

どんなノベルティを作るか考える

そもそもノベルティとはノベルティ(novelty item)とは、原義では「目新しいもの、斬新さ」を指すが、近年では「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。とのことです。

通常のブライダルリング専門店ではリングケースはお店ではロゴ入りのものを用意して、納品時はロゴを入れた袋(ショッパー)に入れてお渡しが普通だと思います。

当店の場合はジュエリー全般のオーダーを受けるのでピアス用、ペンダント用などもロゴ入りだと在庫とコストがかかるのでケースはその都度仕入れています。当然ロゴは入っていません。

また、結婚指輪や婚約指輪の場合は制作過程でできた樹脂原型、ゴム型、地金の試作品などをディスプレイしてお渡ししています。

このディスプレイを入れる袋は最初は御徒町で無地の袋を仕入れていました。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック1
現在はお店のロゴの色と同じ無地でグレーのトートバック、ミニトート、不織布の巾着の3つを使っています。

ロゴが入っていないので普段使いもできて紙袋などよりも長持ちと考えてキャンバス地のトートバックにしています。

ロゴ入りのノベルティは何を作るか考えたとき、指輪だけでなく、ディスプレイや鑑定書など割と大きいものを入れることができる袋(ショッパー)が一番必要です。

お店を初めてから1年が過ぎ、ミニトートやリングケースもいいですが、やはりお渡ししたときにどこで買ったかがわかるほうがいいと思い、トートバックにお店のロゴを入れて作ることにしました。

 

トートバックのデザインを考える

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック20
トートバックのデザインを考えます。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック3
オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック2
大きさはネックレスケースや画像のクリアケースが入るくらいにします。

紙袋だと特典とは言えませんがロゴ入りの布製トートだと特典と言っていいと思うので価格は高くなりますが、通常のオーダーならこのトートをつけて、スリムリングならミニトートでお渡しすることにします。

ノベルティはどうすればもらえるのかなどはこの後に書いていきます。

 

データを送って依頼する

データをイラストレータでAIにする前にトートバックの依頼先を探します。

「トートバック オーダー」などで検索して希望サイズのトートを扱っていて価格の安いお店を探します。

どのお店も料金体系は似ていてバック代+プリント代が基本で、バックの大きさが小さく、布地が薄く、プリント範囲が小さく、注文する数が多くなるほど価格は安くなります。

希望のサイズのキャンバスバックだと単価は2000~3000円程が多かったのですが、調べてみると安いお店が見つかりました。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック20
10oz キャンバスデイリートート(L)
サイズ
横幅 × 高さ ×  マチ ×  持ち手
45 × 37 × 14 × 60

カラー ナチュラル
プリント箇所 表30×20㎝
プリント方法 カッティング圧着
数量5

合計金額(税別)
6,100円 (@1,220円)
アイテム代
1,650円
プリント代
4,450円

上記が注文した商品です。

6000円以上の注文で送料無料なので5個にしました。これに消費税がかかります。

日常生活でも使えるものにしたいので色は一番普通なナチュラル、大きさも使いやすい横長にしました。

 

デザインを決める

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック19
画像のアメリカンアパレルというブランドの都市名が入ったトートを街でよく見かけるので気になっていました。

お店のロゴだけだと寂しく、普段も使えるデザインにしたいので画像のイメージでロゴを小さくして指輪を布一面に敷き詰めたようなデザインを考えます。

 


お店の一押しの指輪は他では見ないオリジナルリング(ギメルシグネット)です。

このデザインが出来上がるまでの過程も含めてアイコンを作りなおしてお店のロゴと一緒にバックにプリントすることにしました。

 

イラストを作る

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック10
CADを使ってイラストを作ります。

画像のようにオリジナルリングのデータの試行錯誤で古いデータも残してあるのでこれを並べ変えます。

プリントサイズは30×20㎝なのでロゴと指輪のイラストをギュギュウに配置します。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック11
①がギメルリングとシグネットリング
②が上の2つを合わせたギメルシグネット
③中心にロゴで
上下にオリジナルリング4種類を単体で
④オリジナルリングの上面図と幅違いと
⑤4連のオリジナルリングの角度を変えて
いくつかのイラストは作り直しました。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック9
入稿できるデータは色は単色のみ、アウトライン化したAIデータ、カッティング圧着という方法でプリントするのでイラスト同士の隙間は1㎜空けるなど条件がいくつかあるのでデータ制作前に読んでおくほうがよさそうです。

データが完成したらサイトにある完成予想図のデザインフォームにAIを入れて確認作業をします。

今回は5個注文でイラストの色を白、黒、灰、金、銀とすべて変えました。

 

データ入稿の方法

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック13
データはイラストレーターでの指定サイズでの入稿でサイトには詳しいデータの制作方法などは載っていないのでNETで調べながら作りました。

入稿する画像サイズは2362×1574ピクセル、画像解像度が200ppiという指定がありました。

まずはプリント部分は横30㎝×縦20㎝なので画像修正ソフトで比率3:2のイラストを作り、2362×1574ピクセルで保存します。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック4
次にイラストレーターにイラストをドロップしてファイル→書き出し→JPEGで保存、

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック5
JPEGオプションの解像度を200ppiの変更でOKを押します。

お店の指定のAIファイルを開いて、先ほど保存したJPEGをドロップします。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック6
イラストを選択するとタブの上段中央に画像トレースがでるのでデフォルトを選択してOK、

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック7
同じ場所に拡張ボタンが出るのでクリックしてOKでアウトライン化完了、イラストを白い枠内に合わせたら説明文など枠外は削除して保存をして閉じます。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック9
ちゃんとデータができているかの確認のためアウトライン化できていてもサイトのデザインフォームに画像を入れて確認します。

 

データのやり直し

注文後にメールで

<■線/抜き(隙間)が1mm以下の箇所がありますため、シートをカットすることが出来ません。
<パスを機械が読み込んで加工するのですが、細かい箇所は読み取ることが出来ませんので、
<お手数ですが修正していただきますようお願いいたします。
<※全体的に線や抜き(隙間)が1mm以下です。

という連絡が来ました。

入稿時にカード決済をしてしまいましたがキャンセルはできません。
 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック12
オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック14
全部を修正すると手間なのでイラストを全部1.5倍にして不要なものを削除して並べ替えて画像のように配置しました。

1㎜ということは使える書体も画像のようなシンプルなものに限定されます。

指輪のレーザー刻印のデータ制作とは違い、複雑なデザインは布にプリントすることも考えないといけないようで
慣れていない場合はメールでデータの確認を取ってから注文ボタンをおしたほうがよさそうです。

また、金額を上げればシルクスクリーンなど細くてもプリントできて多色使いもできるようです。

 

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック18
ノベルティが届いたら写真撮影と画像修正をしてインスタグラムとピンタレストに投稿します。

 

SNSに投稿


トートバックとその関連画像を
全部で24枚投稿しました。

インスタグラムの文章は

「指輪をご注文のお客様に
お渡しするノベルティとして
Lサイズのトートバックを作りました。
💍
トートバックとその関連画像を
全部で24枚投稿しています。
💍

トートバックのイラストは
ギメルリングと印台リングを組み合わせた
当店のオリジナルリングが出来るまでを
アイコンにして1つにまとめました。

10オンス キャンバストート
サイズ
横幅 × 高さ ×  マチ ×  持ち手
45 × 37 × 14 × 60㎝
カラー ナチュラル
プリントカラー 白、灰、黒、金、銀

10万円以上のご注文でノベルティとしてついてきます。」

という内容で投稿しています。

 

まとめ

オーダーメイド指輪 ノベルティトートバック18
お店のノベルティアイテムは①お渡しの荷物が大きいこと②普段も使えるということでトートバックを作りました。

小ロットで作ることができると分かったのでデザインなどは今後変えるかもしれません。
 

 

20210430追記

オーダーメイドの指輪を作る過程 #090 注文書と特典の変更
 

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談