ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

指輪の制作方法について


指輪の制作方法は4つあります。

の4つです。

 

オーダーインディビジュアルリング1

結婚指輪のオーダーメイドでは
指輪の①幅 ②素材 ③仕上げ(テクスチャー)
④石留め ⑤刻印 ⑥基本デザイン(形状)を
順番に選ぶことで
好きなデザインを絞り込むことができます。

 

この中で形状を決める選択肢の
「基本デザイン」は

1、STANDARD (スタンダード)
2、TWIST (ツイスト)
3、HISTORICAL (ヒストリカル)
4、PATTERN (パターン)

の4つから選ぶことができます。

 


制作方法とその違いで
どんな指輪を作ることができるのかを説明するために
この4つの基本デザインと制作技法を組み合わせ、
加工とオーダーの流れが分かるサンプルを作りました。

 

1、鍛造 × STANDARD

指輪を作る方法 鍛造②

鍛造(たんぞう)とは
貴金属の地金を直接加工する
紀元前からある伝統的な指輪の作り方です。
手作りや一品物製作とも呼ばれ、
コンビリングなどはこの方法で作ります。

基本デザイン スタンダードのラウンドに
同じ素材を使った「交換」をテーマにして
色の違う地金板を半分ずつ取り替えて作りました。

 

 

2、WAX原型/鋳造 × HISTORICAL

指輪を作る方法 WAX原型/鋳造②

WAX原型/鋳造(ちゅうぞう)は
ロウソク状の塊を削って原型をつくり、
石膏で型を取り、溶かした地金を流して指輪にします。
型を取るので好きな素材を選ぶことができます。

基本デザイン ヒストリカルのシグネットに
同じWAXの塊から削り出した印台リングの正面に
「指紋」という世界に2つとない模様を入れました。

 

 

3、シルバー原型/鋳造 × TWIST

指輪を作る方法 シルバー原型/鋳造②

銀や真鍮など比較的安価な金属で原型を作り、
型を取ったゴム型からWAXパターンを取り出して
鋳造します。

鍛造とWAX原型/鋳造を合わせた作り方で
試着や原型チェックをすることができます。

基本デザイン ツイストの180degreesをベースに
シルバーと真鍮で捻る距離(幅)を変えた
「メビウスの輪」の原型を作りました。

この2本の指輪原型を溶接して
上から見たときに無限大(∞)の状態で型を取り、
鋳造後にこの「双子」のようになった指輪を
分割して仕上げています。

 

 

4、CAD・樹脂原型/鋳造 × PATTERN

指輪を作る方法 CAD原型/鋳造②

パソコン上で指輪のデータを作り、
3Dプリンターで樹脂原型を造形します。
あとはシルバー原型のように
ゴム型からWAXパターンを取り出して鋳造します。

人間の手では難しい複雑で細かいデザインを
精密に作ることができる最先端の技法です。

基本デザイン パターンをベースに
記念日と名前を模様として一周入れた原型データを
3Dプリンターで造形、鋳造後に分割しました。

一見模様にしか見えない2本の指輪を上下に重ねると
隠れたメッセージが現れる仕組みになっています。

 

 

制作方法で指輪に「意味」を持たせる

4種類の制作方法を生かして
同じ原型や同じ型からとった貴金属を
交換、分割するといった「意味」を持たせることで
シンプルな形でもお二人にとって
特別な結婚指輪を作ることができます。

納期、値段、デザインやサンプルを確認したい場合など
ご希望によって変えることもできます。

 

オーダー指輪特典

3、シルバー原型/鋳造
4、CAD原型/鋳造

の2つは原型、ゴム型、WAXパターンを「記念」として
そして万が一、指輪を紛失した際の「保険」として
お渡しします。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談