ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#055
メメント・モリ リング②

鋳造上がり、ブラックコーティング加工

メメント・モリ リング10
指輪が真鍮になって鋳造から上がってきました。

 

メメント・モリ リング31
当初はアンティークと同様にサンプルには黒のエナメル加工をする予定でしたが、エナメル加工はしたことがなく、日本の七宝とも違いが判らなかったのでNETで調べることにしました。

まず、日本の七宝とは金属の上に釉薬(ゆうやく)と呼ばれる特殊な鉱物の粉末ペーストを塗って約800°Cで焼成したものとのこと。所説あるようですが、元々はエナメルは古代エジプトやメソポタミアから使われて中近東で生まれ、中国を経て日本の安土桃山時代に広まったといわれて、その美しさから法華経にある七宝瑠璃という言葉から七宝と名付けられたといわれているそうです。

英語のエナメルが日本語の七宝でいいのかと思っていましたが、このエナメル自体もここでは書ききれないほど細かい定義などがあるようなので興味がある方は調べてみてください。

自分でエナメル加工ができるかNETで調べると、エナメルを始める場合は電気炉など道具代で最低でも10万円くらいはかかり、専門の七宝業者さんに外注する場合も数万円かかるということがわかりました。(詳しく調べれば安い方法やお店はあるとおもいます。)

この「メメント・モリ」リングはアンティークとしてはいいのですが、現代の結婚指輪で金×黒というデザイン自体はかなり個性が強く、結婚指輪のお店で扱っているのを見たことがないので流行した当時の形のままでは需要自体も少ないと思います。

今回のデザインはオーダーが入るとすると黒エナメルはなし、もしくは内側の目立たない部分に加工と考えているのでサンプルは簡易的な黒コーティングにすることにして工具屋さんに行きました。

 


紫外線で固まる1500円前後の樹脂塗料があったのでこの黒色を購入して試してみます。

「紫外線硬化カラー樹脂 カラメルUV」という名前で商品説明には「アクリルや七宝のような仕上がり」とあるので今回のサンプル制作にはピッタリです。カラメルという名前もおそらくカラー+エナメルで七宝の代わりを意識した塗料ではないかと思います。

今回のサンプルは金色と銀色メッキでコーティングなしの内外をそれぞれ1本ずつ、真鍮のままで内外の黒コーティングを1本ずつの合計6本を作ります。

コーティングした後にはみ出した部分の処理をするとメッキがはがれるので真鍮のままで作ってホームページの写真では画像修正で金色にします。白やグレーのコーティングも考えたのですが、まずは試作なので地金部分の模様が目立たない、サンプルの数が増えすぎるので止めました。

 

メメント・モリ リング10
真鍮の指輪が鋳造から上がってきたので作業に入ります。

 

メメント・モリ リング12
湯道を削ってサンドペーパーで磨いたら内面のみ研磨剤で磨きます。

 

メメント・モリ リング13
内外の各2本はメッキ用の置いておいて黒コーティングの2本を作ります。写真のように黒コーティング剤を付属の別容器にあけて竹串で模様の隙間に塗ります。

 

メメント・モリ リング28
メメント・モリ リング21
紫外線ライトを数十秒当てて固まったら表面から膨らんではみ出した部分をやすりで削ってサンドぺーパーで磨いてスポンジやすりで全体を艶消しにして完成です。

 

ホームページで公開する

メメント・モリ リング20
指輪の写真を用意できたらマリッジリングのページに投稿します。

 

メメント・モリ リング34
メメント・モリ リング15
アイキャッチ画像はメンズが銀色で表面に模様、レディースが金色で裏面に模様で両方コーティングなしです。

 


リガードリングの時は女性用は宝石が見えるように男性用は目立たないようにデザインしました。

今回の「メメント・モリ」リングは骸骨柄で女性にとっては抵抗のある人も多そうなので目立たない内側に模様を入れることにしました。

まずはこの「メメント・モリ」リングの説明をします。内容はこれまで書いてきたのと同じでメメントモリという言葉の語源と歴史、指輪のモチーフの意味などを書いていきます。

 

メメント・モリ リング35
そのあとに外側模様だけでなく、内側模様も選べる事や価格について書きます。

黒コーティングはそこまで手間ではなかったので無料にしました。なのでオーダー基本料10万円に幅2㎜から3㎜変更のオプションがついて1本12万円となります。

 

メメント・モリ リング29
今はまだ決めていませんが、黒色部分のコーティング依頼が多いようなら簡易コーティングよりも本物のエナメルがいいという人が多いと思うので樹脂塗料とアンティークと同様の七宝焼きの2種類から選べるようにする予定です。

そうなった場合は樹脂塗料はブラックコーティングという名前で金額は無料か数千円にします。作業は自分でするので納期は変わりません。サイズ直しでの再塗装も無料のままです。

七宝焼きは外注加工なので納期はプラス2週間、金額は未定、サイズ直しでの再度の七宝加工は有料とする予定です。

 

メメント・モリ リング33
これでマリッジリングページへの投稿が終わりました。
カテゴリはヒストリカルに追加しています。

 

まとめ

メメント・モリ リング0
結婚指輪のヒストリカルに新しいデザインが加わりました。

スカル柄は好みが分かれますが、模様に意味と歴史が有る事と①ブラックコーティングをなくす、②内側に模様をいれたデザインも用意することで結婚指輪としても使えると思い、サンプルを作りました。

今回で内側にレーザー刻印ではなく模様を入れる見本もできたので新しい提案としてお客様に説明する予定です。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談