ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#041
手作りのマリッジリング①

指輪ブログ 新ホームページ用1
前回のブログ「オーダーメイドの指輪を作る過程#040 新ホームページの企画」で書いた通り、結婚指輪サンプル30本の制作と写真撮影、指輪をオーダーメイドサイトのWORKS、SNSに投稿までは手作りのマリッジリング①~というタイトルで行い、レディメイドサイトの制作は新マリッジリングHP①~というタイトルで更新していきます。

手作りのマリッジリングのブログは全3回でこの①が指輪のデザインやどんな写真を撮影するかの計画、②では指輪の制作、③では撮影と画像修正をしてHPで公開するまでをまとめています。

まずは30本の結婚指輪サンプルのデザインを考えます。

 

30本のデザインを考える

手作り結婚指輪 ハンドメイド64
先にどんなデザインがある程度考えておきますが、実際に平打ちリングを削っていく中で新しい形も思い付くと思うのでまずは決まったデザインについて書いていきます。

以前に公開したブログの「オーダー結婚指輪専門店を作る方法②他店の事を調べる」にも書きましたが、NETでよく見かけるデザインを調べます。

 

手作り結婚指輪 ハンドメイド57
幅は決まっているので指輪の形状、テクスチャー、透明石の数と留め方でどんなデザインが良いかを考えて下書きをします。

この下書きをした時点でのデザインなので最終的には変更もありました。どのように変化したかを知りたい人もいると思うので最初に下書きで箇条書きにした内容を一部書いていきます。

・甲丸で両サイドにミル打ち(サイドミル)と中心にミルのタイプ(センターミル)、留めは伏せこみが似合うのでサイドミル、センターミルともに1石で作る

・婚約指輪と重ね着けできるように中心が凹んだ指輪

・テクスチャーメインの指輪、「槌目は後光留め」のようにテクスチャーに合う留め方にする

・メビウスのデザインとも似た甲丸で側面同士を斜めの面でつなぐリングは斜めの面にメレの連彫り留め

 

手作り結婚指輪 ハンドメイド1
・以前に作った平打ちと甲丸を組み合わせてカーブさせたデザインに彫り留め

・カーブの指輪はV字カーブ、ハートカーブ、無限大カーブ

というようにスケッチをする前に文章で書いています。

 

デザインが決まったら

手作り結婚指輪 ハンドメイド68
前回のブログで決まった

・形は決まっているのでサイズ、素材、宝石の有り無しだけを選ぶ

・幅に関しては男女どちらでにも合う2.5㎜

・サンプルは1型だけで透明宝石入り、銀色、、サイズは12号で作る

・透明石はラウンドの1.0、1.3、1.5㎜の3種類を使う

・サンプルは2.5㎜幅の平打ちリングを削る、曲げるなど手作りでできるデザインに限定する

という内容で指輪のデザインを考えました。

制作途中の写真は完成してしまうと撮り直しができないので作る前にどういう写真が必要かなども先に考えておきます。

30本の指輪を1本ずつワークスに投稿するか、まとめて投稿するか決めていないのでどちらも選べるように1本ずつ投稿することを前提に写真を撮っていきます。

 

オーダー指輪ブログ2019HP修正38
ワークスのページには写真のような6枚の画像が必要な設定にしています。

指輪の写真は制作途中でないと取れないものもあるので制作に入る前にどんな写真を撮影しておくかも決めておきます。

これも最終的には変わったので最初に考えた状態を書いておきます。

 


左上から

1、指輪の正面写真(銀色メッキ済み、背景ライトグレー)
2、制作過程、作業風景の写真(セピア)
3、石留め前の指輪の正面写真(メッキ前、背景ライトグレー)
真鍮で金色 1と同じ角度で背景も同じ
4、指輪の手書きスケッチ、紙の色はベージュ
(白い紙に書いてスキャン、画像修正で色を変える)
5、真鍮板、平打ちリング、下穴リング、完成品メッキなし
6、その他

これが結婚指輪ページで使う予定の写真です。

1、指輪の正面写真(銀色メッキ済み、背景ライトグレー)

これは今までと変わりません。

これが結婚指輪一覧ページのアイキャッチ画像にもなります。

2、制作過程、作業風景の写真(セピア)

ハンドメイド、手作りというところを強調したいので制作途中の写真も1枚挟みます。

曲げ、削り、ロー付け、石留めなどの作業をセピア調にして写真を撮ります。

3、石留め前の指輪の正面写真(メッキ前、背景ライトグレー)

真鍮で金色の1と同じ角度で背景も同じにします。1のメインの写真はメレダイヤモンドが入るのでレディース向きのデザインになります。そこで石留めとメッキ前のテクスチャーの入った真鍮の状態で撮影をしてメンズ向けのデザインの写真を撮影しておきます。

4、指輪の手書きスケッチ、紙の色はベージュ
(白い紙に書いてスキャン、画像修正で色を変える)

JCTではCADデータのスクリーンショットをイラストとして使っていました。

この新しいサイトでは手作り感を強調したいこととテクスチャーがCADでは表現が難しそうなので少し手間はかかりますが、指輪一つにつき手書きのスケッチ1枚を用意します。

CADのイラストはダークグレーとライトグレーをバックにしていますが、新しいサイトはロゴが金色なのでそれに合うベージュにします。

白い紙に書いてスキャンして画像修正ソフトで色を白からベージュに変更させる予定です。

5、真鍮板、平打ちリング、下穴リング、完成品メッキなし

4枚の指輪を並べて制作過程の分かる写真も1枚入れます。

下穴リングを撮影後、石留めを同じ角度で撮影して画像修正ソフトで1枚の写真にまとめます。

6、その他

6に関してはテクスチャーの拡大図、指輪を着けた手の写真、角度を変えた指輪の写真などを考えています。

どんな画像を用意するかも決まったので次は実際のサンプル作りに移ります。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談