ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダーメイドの指輪を
作る過程#003
石座のオーダー


オーダーメイドの指輪を作る過程
#001パーツのオーダーで
取り巻きパーツなどのオーダー価格事例ができました。

次は最も依頼が多そうなイレギュラーカットの石座の事例を作っていきます。

 

ブログ オーダースリムリング2-16
中石をお持ち込みの場合、指輪のオーダーメイドでは

1、通常の婚約指輪のオーダー(¥150,000)

2、既成の石座とスリムリング(¥29,000)を組み合わせる

という2つの方法をご用意しています。

 

オーダーメイド スリムリング1-13
既成枠はラウンド、オーバルなど定番型の宝石には対応できます。

ただ、イレギュラーカットは既成枠では対応できません。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー10
そこで昔、IJT(国際宝飾展)で買った写真のシトリンがあったので今回はこれを使って石座のオーダーサンプルと価格事例を作ることにしました。

写真のシトリンは2個セットで売っていたのでピアスなどを作ることを想定して売られていたのかなと思います。

この2つのイレギュラーカット石を使って石座をオーダーメイドする場合の指輪とペンダントの事例を作っていきます。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー12
このシトリンをどう石留めするか9パターン描いてみました。

上段左の覆輪、上段中央の上下でレール留めの2つで迷って、地金が軽くて済む上段中央のタイプで作ることにしました。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー16
指輪に関してはイラストのような側面からキューレットが見えるデザインも候補にありました。

ブランドやリフォーム店でよく見るこのデザインなら既成枠で深さ(高さ)が足りない場合にも対応することができて、地金の重量も軽くて済みます。

ただ、今回はスリムリングと足すので1.5㎜角と石座同士をつなげた場合には強度が不安です。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー13
ホームページでは指輪とペンダントを並べて載せることも考え、今回は通常の形で作ることにしました。

 

サンプル制作

オーダーメイド シトリン ジュエリー7
2つのシトリンは同じ形に見えますが、微妙に違うので石座はそれぞれ別で作る必要があります。

シトリンの寸法を測ったら幅3㎜、1㎜厚のシルバー板を用意します。

詳しい説明は省略しますが、板の状態から曲げる部分に糸鋸で溝をつけ三角か四角の笹葉ヤスリで溝を大きくして曲げています。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー6
石座と爪を溶接して、あとは石留め前の状態まで形を整えておきます。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー9
ワークスではパーツのオーダーについてに載せたような詳しい料金事例を載せるのでシルバーの状態で重さを測って後で金とプラチナ重量に変換します。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー8
ネックレスにする石座には丸カン、指輪には腕を取り付けます。

宝石の角部分は石留めの時に割れやすいので石座内側の先端が当たる地金部分をリューターで削っておきます。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー1
宝石が石座にすっぽり収まったら鏨(たがね)とオタフク槌を使って爪を倒して石を留めていきます。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー2
あとは全体を仕上げてシトリンと色味が合うK18イエローゴールドメッキをして完成です。

制作時間の短縮を優先するならCADですが、今回は安く仕上げることを考えてシルバー板で作ってメッキという方法でサンプルを作りました。

 

ホームページに投稿する

オーダーメイド シトリン ジュエリー14
指輪とペンダントネックレスが出来上がったら写真撮影、画像修正をしてお客様向けのワークス(作品集)ページに投稿します。

まず、ワークスの投稿では英語の名前を考えます。

ホームベース、イレギュラーカット、ペンダゴン(五角形)などいろいろ考えましたが、シンプルにWORKSのタイトルに1行で収まるCitrine jewelry(シトリンジュエリー)にしました。

内容は

・規制枠で対応できない場合は石座のオーダーメイドができる

・指輪の場合は腕の形が細く、シンプルでいいなら通常の婚約指輪のオーダーメイドで作るよりも石座のオーダー+スリムリングのほうが金額が安い

ということなどを簡潔にまとめました。

どのくらい安くなるのか内訳も書いた料金も載せます。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー19
制作工程を思い出しながらHPで公開している料金表と照らし合わせてリングとペンダントネックレスの合計金額を計算していきます。

実際のオーダーの時もお客様の目の前で加工工程と必要な材料を考えながらお見積りをお出ししていきます。

制作中に量っておいたシルバー石座の重量は1.7gなので18金は1.5倍、Pt900は2.0倍とそれぞれの比重をかければおおよその重さが出ます。

パーツのオーダーでは地金代は¥10,000/gで計算するので18金は2.5gなので地金代は¥25,000、Pt900なら3.4gなので¥34,000となります。

石留め代も料金表を見ながら計算します。

宝石はシトリンなので半貴石扱い、重さは1ct台、留め方は覆輪留め(正確にはレール留め)なので

色石基本料 ¥4,000
+ 覆輪留め  ¥2,000
+ 重量追加 ¥1,000(1ctごとに¥1,000)

という計算で¥7,000になります。

あとはそれぞれPt900とK18YGで指輪にした場合とネックレスにした場合の金額を乗せれば完成です。

ちなみに料金表はアザースやパーツのオーダーのページの料金表をコピーして一部書き換えることで入力に時間をかけないようにしています。

 

オーダーメイド シトリン ジュエリー18
公開したWORKSは

1、パーツのオーダー
2、アザース
3、スリムリング

のページに既成枠で対応できない場合の事例としてリンクを張ります。

 

まとめ

オーダーメイド シトリン ジュエリー4
イレギュラーカットの宝石が来た場合、指輪は婚約指輪のオーダーで対応、ペンダントなどは具体的には未定でしたがこの#003石座のオーダーで参考事例も作ることができました。

今回の指輪の場合はエンゲージのオーダーでは15万円ですが、石座のオーダーにスリムリングを足す方法だと10万円強で作れるようになっています。

サンプルの事例は宝石だけお持ち込みで価格を抑えて作りたいという方を想定しているので地金も軽くなるようにデザインもシンプルにしています。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談