ジュエルクラフト東京

ジュエルクラフト東京

オーダー結婚指輪専門店を
作る方法㊳メール対応

オーダー指輪ブログ メール対応3
最近、お客様が数社と比較してオーダーメイドを検討していた指輪が受注になりました。

当店にご来店した理由が複雑なデザインのため、制作自体を断るお店もある中でメール問い合わせでの返信が早い、説明がわかりやすい、金額も明瞭だったからとのこと。

ご来店になってから詳しくお話をきくとメール対応では当たり前の事が意外と他のお店がやっていなかった事のようです。

お客様が作りたい指輪の形が決まっている場合、同じ内容のメールを指輪のオーダーメイド専門店に送って相見積もりを取るのは普通のことだと思います。

いい指輪を作って、おしゃれなホームページで検索にヒットしても他店と比較されたときにメール対応が良くないとご来店に結びつかないという事を再確認しました。

改めてメール対応は大事だと思い、職人さんにとっては指輪の制作手順などよりこういった話のほうが興味がある気がするので当店での方法をまとめてみました。

 

メール対応事例 お持ちの指輪リフォーム

ご紹介でのお見積り依頼でちょうどいいメール対応の事例ができていたのでそちらを例にとってご説明します。

内容はよくあるお持ちの宝石を使った指輪のオーダーリフォームです。

「息子が結婚するので自分が持っているエメラルドの指輪と1ペアのダイヤモンドピアスを使ってお嫁さんになる方に婚約指輪を作ってあげたい」というお母様からのご依頼内容でした。

添付画像もあり、エメラルドの指輪はご依頼のお客様がお母様からもらったものとのこと。

遠方なので宅配希望で、指輪のエメラルドにピアスのダイヤを添えてモダンなデザインがよいとのことで特に指定や希望画像の添付はありませんでした。

ご来店ではないので1回目の返信である程度内容をまとめてお客様が何度も質問する手間を省くように考えます。

 

オーダー指輪ブログ メール対応6
まずは添付されていた指輪とピアスの画像がから想定サイズがわかるのでCADでイラストを用意します。

これを文章も添えたPDFにしてメールでは「詳しくは添付をご覧ください」にします。

 

オーダー指輪ブログ メール対応2
イラストですが、画像のような宝石をまとめたCADデータがあるのでこれをコピー、ペースト、変形させてデザインを作っていきます。

 

オーダー指輪ブログ メール対応4
エメラルドが緑でダイヤが白なので地金は金色にして作ってみました。

データに色を付けたものをコピーして変形を繰りかえして指輪のイラストを作れば時間もそこまでかかりません。

 

オーダー指輪ブログ メール対応5
斜めから見ると画像のように一部平面になっています。

正面からの画像をスクリーンショットで撮影して画像を作ります。

文章は

・・・まずは送っていただいた画像から宝石サイズで想定していくつかシンプルなデザインサンプルを作ってみました。

左上から
・ストレート腕で4本爪
・絞り腕で4本爪
・ストレート腕で4本爪、中石は横向き
・ストレート腕で4本爪、中石は覆輪留め

少し変わったデザインなら右下の

・中空きのフリーサイズデザイン、コンビ地金

両脇のダイヤモンドは
イラスト右中央のように4パターンほど選べます。

というように組み合わせ次第で
何パターンでもお作りできます。

・・・というようにシンプルなデザインを数パターンとその組み合わせで様々なデザインが作れることを説明します。

ただ、このイラストだと実際の指輪のイメージが沸かないので制作できる指輪画像も添付します。

 

オーダー指輪ブログ メール対応1
画像はお送りしたPDFで左のイラストの下です。

他社さんの画像を使わせてもらったのでピクセル化しておきます。自社サイトの画像で対応できない場合はこういった方法も使います。

ここからはどういったデザインが人気があるかなどを書きます。

それから婚約指輪に関してはサプライズで贈ると女性の好みでないデザインの場合があります。

プロポーズ後にデザインを決めるのが、おすすめなのでホームページで公開している「婚約指輪のオーダー前に」を読んでもらいます。

・・・当店のホームページのブライダルリングページに
プロポーズする男性向けの「婚約指輪のオーダー前に」という
お役立ち情報を書いてあります。

まとめると

・統計では
婚約指輪をサプライズで送る人は3割、
2人で選んで購入が半数

・指輪はデザインの好みがあるので
 身に着ける新婦に選んでもらうほうが
 確実に喜んでもらえる。

・指輪を普段身に着けないならペンダントにする

という内容が書いてあります。

お母さまのエメラルド、
××様(お客様の名前)のダイヤモンド、
それをご子息の奥様が引き継いでいくことに
価値があると思います。

今後、何十年も身に着けてもらうことを考えて
ご子息の奥様になられる方に
デザインを決めてもらうのもいいかもしれません。

ご来店していただくのが一番ですが
ジュエルクラフト東京のホームページから
素材、仕上げ、指輪の幅などを選んで
宅配でのご注文も可能です。

・・・という内容で

気に入った指輪でないとつけてもらえないのでプロポーズ後に身に着ける女性がデザインを決めることもご提案しておきます。

あとは納期や価格についての回答をして「ご検討下さい」で締めます。

左の画像、右に文章でPDF1枚でおおよその情報をまとめてあります。

メール対応はお客様に質問して何度かやり取りする方法もあります。

ただ、同業他社に同じメールを送る方も多いので今回のようなまだ何も決まっていない状態ならサンプルデザイン、金額、納期などご提案内容をまとめてから送るほうが親切ではないかと思います。

そのメールを送った後に息子さんと相談してみますという返信が来ました。

これにも返信をします。

お客様のメールの引用があるので一部削除しますが、


・・・ご返信ありがとうございます。

ご提案した内容だけでなく、
気になる指輪の画像などを添付していただければ
それを基に完成予想図のデザイン画を
お送りいたします。

・・・・・
「あばあ様の指輪をお母さまがデザインを考えて
次男のお嫁さんになる方に贈る」ということが
今回のリフォームの一番大切な部分ですね。

もし両サイドのダイヤモンドを添えず、
エメラルド1石だけのより日常使い向きの
シンプルなデザインでもよろしければ
ご提案したオーダー以外に
下記の「スリムリング」という
価格を抑えたオーダーメイドもあります。

http://jc-tokyo.jp/slim-ring/(スリムリングのURL)

この指輪にセミオーダーの石座を足すことで
10万円以下での制作も可能です。

こちらも併せてご検討ください。

ご連絡お待ちしております。

・・・という内容も合わせて返信しました。

これで返信があるときはおそらく正式なご依頼を検討されているときだと思います。

お客様は3石使うデザインで考えていましたが、大事なのはこのエメラルドを引き継ぐことだと思ったのでシンプルで価格を抑える方法も提案しました。

こちらはまだホームページで公開していませんが、後日、セミオーダーの石座の大きさと料金一覧をまとめてUPする予定です。

 

まとめ

会社員の時はオーダーメイドだけでなく、修理・リフォームのメール対応もしていました。

オーダーメイドより対応するパターンが多く、お問い合わせ数も多いので時間短縮のために返信したメールの対応部分で再利用できそうな文章はエクセルにまとめてテンプレートを作っていました。

お客様とのやりとりの中でホームページに何が必要かなどもわかることも多々あります。

 

オーダー指輪ブログ メール対応4
今回の場合は
・お持ち込みの複数石を使って婚約指輪を作る
というよくあるご依頼でした。

このメール対応も一歩踏み込んでホームページに「宝石をいくつかお持ち込みでのデザインの決め方」のような内容で記事を書いておけば今後、同じようなご依頼が来た場合にメール対応でリンクを張って

・・・こちらのURLをご覧下さい。

お持ちの宝石の形や大きさとは違いますが、
複数の宝石を1つの指輪にする場合は
見本のように石の並び、向き、留め方、
石座と腕の形や素材を変えて組み合わせることで
お好みのデザインで作ることができます。

金額は○○~、納期は・・・・

・・・という風に似たご依頼が来た時に短い時間で返信することができます。

 


電話相談・予約

メールで予約
LINE@
かんたん予約・相談